From

naga

2014 04 21, Mon

旅記_2014春

3月の終わりから4月上旬にかけて行ってきた、パリとコペンハーゲン。
買付けの様子ではなく、何気ない風景をメインに振り返ってみました。

冬が終わり、やっと春が始まろうとしていたヨーロッパ。
静けさの中に、少しソワソワと浮き足立った空気が流れていました。
今回は買付けだけでなく、色々なお店や美術館にも行くことができて、いつもと一味違う旅になったように思います。


------ PARIS ------

note2014SP_1.JPG
La Seine

note2014SP_2.JPG
Galerie-musee Baccarat

note2014SP_3.JPG
Jaures

note2014SP_4.JPG
Printemps

note2014SP_5.JPG
Kunitoraya

note2014SP_6.JPG
CYP !

note2014SP_7.JPG
Le Palais Royal

note2014SP_8.JPG
Maison de Victor Hugo

note2014SP_9.JPG
Pont du Carrousel


------ COPENHAGEN ------

note2014SP_10.JPG
Orstedsparken

note2014SP_11.JPG
Louisiana Museum of Modern Art

note2014SP_12.JPG
Louisiana Museum of Modern Art

note2014SP_13.JPG
Ordrupgaard Museum

note2014SP_14.JPG
Ordrupgaard Museum

note2014SP_15.JPG
Royal Copenhagen

note2014SP_16.JPG
HAY HOUSE

note2014SP_17.JPG
Kastrup

|  April 21, 2014 06:15 PM  |  Category : Travel  |

Page Top ▲

From

naga

来る5/24〜6/14、HAY hutte は第3回目の買付けへ行くことになりました!
今回の渡航先は、主にイギリスとスウェーデン。そして、ちょっぴりコペンハーゲン。

そこで、ヨーロッパへの想いを盛り上げるために以前の買付け日記を書こう!と思い立ち、
久々にブログを書き始めてみましたが...
私は未だに『旅記_2011秋スペイン②』を書いていなかった.....!
我ながら呆れ返る筆不精さ、そしてブログの意味を全くなしていない事も重々承知ですが、
自分達用の記録でもあるので、今日は時間軸を無視して『旅記_2011秋スペイン②』(写真メイン)をお送りします。


マドリッド、コルドバ、セビーリャ、グラナダ、ミハスとまわって...
スペインで最後に訪れた街は、バルセロナ!私が今回のスペイン旅行で一番楽しみにしていた街です。

13.jpg

14.jpg

15.JPG

下町情緒に溢れ、熱気漂う空気。
ボケリア市場では、新鮮な魚介類やカラフルな彩りのフルーツが山盛り!
見て歩くだけでも楽しいですが、中にはバルもあるので昼間から一杯飲むのもオツですね。


23.JPG

24.JPG

食に関しても、充実度満点!
バルセロナには老舗も多く、写真のアーモンド屋さんは内装も当時のままでとても素敵!
至る所に安くて美味しいバルがあるので、食事にも困りません。ピンチョス最高♪


そして、バルセロナといえば芸術家に愛された街。
ヨーロッパの他の都市とは一味違う芸術に出会うことができます。

16.JPG

ムンジュイックの丘に建つ、ミロ美術館。
ダイナミックに展示されたミロの作品からは、ほとばしる息吹のようなものが感じられます。
バルセロナの街を一望できるテラスにもいくつかの彫刻が。とても美しいロケーションもこの美術館の魅力の1つ。

17.jpg

18.JPG

私がスペインを訪れて一番見たかったのは、やはりガウディ建築の数々でした。
まずは『カサ・ミラ』。
曲線を描くように、大理石を削って造られた外壁。
その波のようななだらかな流れは、いつまで見ていても飽きません。
自然からインスピレーションを得た造形美のなせる技でしょうか。
中にはガウディ建築の模型や映像などが展示されている資料館もあります。

19.JPG

20.JPG

次は『カサ・バトリョ』。
この建築はタイルとステンドグラスの素晴らしさに尽きると思います。
ゆらめく水面のようなブルーのグラデーション、歪み、正に息を呑むような美しさ!
こんな家に住みたい!と思わずウットリ。
ガウディがデザインした家具が展示してあるスペースもあります。

21.JPG

22.JPG

最後は、まだ未完と言われる『サグラダ・ファミリア』。
そびえ立つ木々をイメージしながらも近未来的な彩りの内観、それとは反対に彫刻のような様相を持つ外観。
そのスケールの大きさに、ただただ圧倒されてしまいます。
外側の回廊にも、地上からは見えないような所まで細かい装飾が施されています。
現時点でも十分な見応えですが、完成が本当に楽しみですね!



...などなど、様々な楽しみ方ができる、魅力的な街バルセロナ!
この他にも、大規模な蚤の市もあるんですから!そちらに関しては、 HAY hutte Online Store No.009「炎天下の熱気が漂うバルセロナの蚤の市」を是非ご覧下さいね♪

北ヨーロッパも大好きですが、やっぱり開放的な南ヨーロッパも捨て難い!
これからの季節、地中海際のヨーロッパもオススメです!

|  May 9, 2012 09:45 PM  |  Category : Travel  |

Page Top ▲

From

naga

9月末〜10月初旬にプライベートで訪れたスペイン。
買い付けて来た商品は、HAY hutte Online Store No.009「炎天下の熱気が漂うバルセロナの蚤の市」 でアップ済みですが、 今日は、サラッと写真をメインにその旅記なるものを書きたいと思います♪
春の買付け日記は!?という声も聞こえてきそうですが、、、まずは旬な方が先ということで!


初めて降り立ったスペインの街は、首都・マドリッド。
王宮のような歴史ある建物も多く現存し、ヨーロッパらしい重厚感のある街です。
時間のない中、王宮やプラド美術館などを見学。あとは、街中を散策して過ごしました。

マドリッドで一番印象深かったのは、建築物!ヨーロッパとイスラムの要素が融合した建物もあれば、モダニズム建築のような建物も。
見返したら、建物の写真ばかり撮っていた私...その位、マドリッドの建築は色々なジャンルがあって興味深かったということです!

1.jpg

2.jpg

2a.jpg


マドリッドで2泊した次の日、スペインの新幹線・AVEに乗ってコルドバへ移動。駅構内が植物園になっているアトーチャ駅から乗り込みます。
ビックリしたのは、窓から見えた赤褐色の大地!その景色を目にした時、どんどんアフリカの方へ近づいている事を実感しました。ヨーロッパの景色とは思えなかったな〜。

2時間ほどでコルドバに到着し、メスキータやユダヤ人街を見学。
メスキータは円柱の森のアーチで有名な寺院ですが、光の射し方が計算されていて、光と影の中を歩くような構造。また、同じ建物内にイスラム教とキリスト教が共存している点がスペインならではで、なかなか面白かったです。

3.jpg

5.jpg


そして、午後はコルドバからセビーリャへ移動。
セビーリャは、石畳の小径が入り組んでいて、ヨーロッパの田舎町といった雰囲気。
夜に到着したので、まずはフラメンコを鑑賞してから、バルなどが立ち並ぶ繁華街の散策へ♪
入りはしなかったものの、大繁盛しているバルを発見!吊るされているイベリコ豚を見ると、テンションが上がりますね〜!'EL PATIO'というお店で、味も美味しいらしいです。次回は行ってみたいなー!
この日は、セビーリャ泊。

4.jpg


翌朝はセビーリャの2大観光スポット、セビーリャ大聖堂とアルカサルを見学。

セビーリャ大聖堂は、もともとはモスクが建っていたと言われる場所に建設されたカテドラルで、とにかく大きい!ヨーロッパで3番目に大きいそうです。
ヒラルダの塔がモスクの尖塔だったように、所々にモスクの名残がある大聖堂。内装は、一言で言うとゴージャス、、に尽きる気がします。豪華絢爛、そしてスケールの大きさにただただ見上げてしまう感じでした。

その後に行ったアルカサル、こちらはスペイン王室の宮殿。アルハンブラ宮殿に似せた、ムデハル様式の建築物です。
アルハンブラよりも規模は小さいものの、綺麗に維持できていて、個人的にはアルカサルの方がオススメ!ちょっとメキシコ的なオレンジの外観も、そそられたポイントかもしれません。
アルカサル付近は、木々なども南国風のものが多く植えられていて、不思議な空気感。タイルを使った公共のベンチも、なんだかエスニック情緒溢れるデザイン。

全体的にちょっとヨレているセビーリャは、私的にはなかなかツボでした!

6.jpg

6a.jpg

7.jpg


そして、また午後はセビーリャからグラナダへ移動です。
グラナダに着いたのも夕方だったので、夕食後に旧市街の方へ脚を延ばしバル散策!
旧市街は、小さな教会を囲むようにして、小さなバルが密集しているエリア。ものすごく賑わってました!
お腹はいっぱいだったんだけど、あまりの賑わいにフラフラとバルへ。
ガルシア風のタコをつまみに、サングリアで一杯♪
やっぱりバルに来てこそ、スペインに来た意味があるってもんです!
ちょっと気の抜けた店構えもいい感じで、大満足した夜なのでした。そのままほろ酔いで、グラナダ泊。

8.JPG


翌日は、朝からアルハンブラ宮殿を見学。イスラム王朝時代の宮殿というよりは城塞ですね。 広大すぎる敷地とどこまでも細かいアラベスクに感嘆。
でも、やはり私の心に響いたのは、随所随所のタイルの使い方。壁や床に色々な柄のタイルが埋め込まれていて、その柄を見ているだけでも楽しかったです。
アルハンブラ宮殿はかなり高い場所にあるので、山に来たのかという位、空気が澄んでいるのも印象的でした。ヘネラリフェ庭園のバラ、綺麗だった。

9.JPG

10.JPG

11.JPG

12.JPG


アルハンブラ宮殿の後は、白い街・ミハスへ。
パンフレットで見た通り、本当に真っ白な街!坂道に白い住宅が連なります。
ここの住人の方達は、1年に一回は必ず壁を塗り直さなくてはいけないとか。皆さんの努力あっての美しさなんですね。
遠くに見下ろせる地中海は少しモヤがかっていて、はっきりとは見えなかったのが残念でしたが、この白い街の情景にはとても癒されました。

12a.jpg


ミハスを後にし、マラガ空港へ。そうです、今度はいよいよ国内線でバルセロナへ移動します!
私が一番楽しみにしていたバルセロナ!次回のブログでは、丸々バルセロナのことを書きたいと思います!
『旅記_2011秋スペイン②』へつづく.....

|  October 26, 2011 04:20 PM  |  Category : Travel  |

Page Top ▲

1