TWOTONE office -furniture-

Apr, 2012
デザインスタジオ'TWOTONE INC.'が新事務所へ移転する際、インテリアのデザイン・プランニングと家具のデザイン・製作を担当しました。

一部オーナーが元々使用していたものもありますが、ほとんどの家具はオフィスのインテリアデザインに合わせ、新たにデザイン・製作したものです。
社員の方達が毎日過ごす場所であるからこそ、家具の素材と仕上げ方にはこだわってプランニングしました。テーブルや収納家具類は、無垢材もしくは木目の美しい突板を厳選して使用し、できるだけ木の風合いを残すために、オフィス家具には珍しいWAX仕上げを多用しています。
また、デザインスタジオであることを意識し、機能だけでなくデザイン性にも優れたオフィス家具を目指し、設計しました。
インテリアデザインと同時に考えられたこともあり、1つ1つの家具が空間とリンクし合い、エッセンスとして十二分に役割を果たしています。

『TWOTONE office -furniture-』は、主に特注家具に関するポートフォリオです。
インテリアプデザインに関しては、『TWOTONE office -space-』をご覧ください。

オーナー:TWOTONE INC.
施工:hajikami
グリーン:Masahiro Hosogane
写真 : Yosuke Suzuki
TWOTONE office -furniture-
Side chair
w420*d517*h772*sh450
素材:レッドオーク材×ファブリック
仕上げ:ラッカー塗装

HAY hutte のオリジナルチェア、ミーティングスペースで使用しています。
他案件でもいくつか納めていますが、こちらのオフィスでは可愛らしい織のイタリア製のファブリックを張りました。
Meeting table
w1800*d1000*h720
素材:ナラ材無垢
仕上げ:Briwax

特注のビッグテーブル、2台並べてミーティングスペースで使用しています。
60inchTVとPCをリンクさせるための電源/LAN/HDMIのコンセントは、見えづらい部分に内蔵し、できるだけ配線が目立たないように設計しました。
TV board
w2075*d360*h320
素材:ナラ材 板目突板貼り×真鍮
仕上げ:Briwax、黒染色ラッカー塗装

特注のテレビボード、ミーティングスペースで使用しています。
スペース全体の雰囲気に合わせ、色と素材でメリハリをつけ、男っぽく仕上げました。 真鍮部分は触る程、手垢でくすんでいくので、経年変化が楽しめます。
Shoes box
w1280*d400*h900
素材:ナラ材 板目突板貼り×真鍮
仕上げ:Briwax、黒染色ラッカー塗装

特注のシューズボックス、ワークスペースに上がる時に脱ぐ靴を収納するためのものです。
配置場所がコミュニティエリアのソファ横なので、ソファに面した裏側は雑誌を差し込めるマガジンラックにしました。 デザインは黒と真鍮を効かせた男っぽい雰囲気にし、TVボードと統一性を持たせています。
Wall shelf
w3365*d525*h2430
素材:ナラ材 板目突板貼り×黒皮スチール
仕上げ:Briwax

特注のウォールシェルフ、ワークスペースのコミュニティエリアで使用しています。
一見無垢ような木目が美しい突板を使っているので、その目が生きるようにワックスで仕上げました。
Round table
1200φ*h720
素材:ナラ材 板目突板貼り×メラミン化粧板
仕上げ:Briwax

特注のラウンドテーブル、ワークスペースのコミュニティエリアで使用しています。
木の塊を削りだしたフォルムをイメージして、デザインしました。 天板は書く時の利便性を重視しメラミン化粧板、脚にはコンセント口が付いています。
Work desk
w1400*d750*h720
天板:メラミン化粧板 木口/オーク材
本体:スチール 粉体塗装 脚先/真鍮
サイド収納:ナラ材 柾目突板貼り

特注のデスク、ワークスペースで使用しています。
ペーパーレスを努めるオフィスのため、収納スペースを最小限にするべく、サイドに書類ポケットのみが付いています。天板は書く時の利便性を重視し、メラミン化粧板を使用しました。

Page Top ▲